眼精疲労って何?

眼精疲労になると、普通の治療法ではなかなか改善しない事も多く、とてもつらい症状に悩まされてしまいます。眼精疲労は、目に疲れを感じてしまったり、かすんだり、充血するなどの症状に加え頭痛や額の圧迫感、首 肩こり、胃痛、まぶたの痙攣などにもつながります。

さらに、食欲不振や便秘、体調不良、全身の疲労感など、色々な自律神経失調症状が出てきて本当につらいものです。

この状態が長く続くと、体がつらいだけではなく精神的にもイライラしてしまったり、不眠をわずらったり、不安な鬱症状が出てきてしまいます。

このように、眼精疲労は目に負担がかかるだけでなく、私たちの精神にも大きな影響を及ぼしてしまうのです!

ツボを刺激するのも効果的!

眼精疲労になると、頚椎と胸椎を支える両脇の筋肉が、普通の人よりも緊張してしまいます。これを和らげる事が、眼精疲労緩和に役立ちます。それには、頚椎、胸椎の両脇にあるツボを刺激し、筋肉の緊張をほぐしていくのがいいでしょう。

背骨のわずかなねじれを矯正し、自律神経の働きを回復させる事により頭痛や疲労感、吐き気や胃腸障害などの症状を改善させていきます。

眼精疲労がひどい場合や、精神の不安症状が深刻な方であれば、身体の正中線上の督脈にある百会、身柱などのツボを指圧すると中枢神経が正常に落ち着き、負担が緩和されていきます。ぜひ試してみてください。

眼精疲労を治すには鍼灸がいい?

眼精疲労を和らげる方法としては、いくつかありますが、その中には鍼灸で治す方法があります。
鍼灸院で治療してもらえば、目にストレスのかかりにくい体質に改善可能です。