眼精疲労と疲れ目の違い

眼精疲労というと、疲れ目というイメージがありますが、ただ疲れ目になるだけが、眼精疲労の特徴ではありません。
疲れ目と眼精疲労は、実は別物だったのです!

目が疲れる、まぶたが痛い、重いなど、単に目が疲れている状態の時には、少しだけ目を休めたり、
睡眠を十分にとる事によって、症状が改善していきます。しかし、目を休めてもなかなか不快感が治らず症状が続く場合には、単なる目の疲労というのではなく、「眼精疲労」扱いとなります。このように医学的には区別されています。

簡単に言うなら、すぐに治る目疲れなら、疲れ目、なかなか治らない頑固な目疲れなら眼精疲労という覚え方をするといいでしょう。

眼精疲労の症状の特徴は?

眼精疲労の特徴と言えば、以下の通りです。

・視界がぼやける
・かすむ
・目が痛い
・疲れる
・充血する
・まぶたがくっつきそうなほど重い
・光がとてもまぶしい、
・涙が出る、

身体的な症状としては、以下の通りです。

・肩こり
・だるい
・頭痛
・めまい
・吐き気

眼精疲労になってしまう原因って何なの?

眼精疲労になる原因には、以下のような例が挙げられます。

・ネットや携帯電話の使い過ぎ
・近視・乱視・老眼
・ドライアイ
・緑内障・白内障

意外な落とし穴!ストレスも眼精疲労の原因になる!?

補足として、精神的ストレスも眼精疲労の原因になるという事も覚えておきましょう。日頃からストレスをためこまない習慣を身につけるのが大事です。